head image

index.phpの内容は以下の通りです。

<?php
1 $con = mysql_connect('localhost', 'root', '') or die('error(connect)');

2 mysql_select_db('test', $con) or die('error(select_db)');

3 $sql = 'select * from sample';
4 $result = mysql_query($sql, $con);

5 while ($row = mysql_fetch_array($result)) {
6 echo $row['id'] . ' : ' . $row['name'] . '<br />';
7 }

8 mysql_close($con);
?>

左端に記述されている数字は説明のためにつけた番号です、実際にindex.phpを記述する時には必要ありません。
何やら呪文のようなものが書かれていますが、そんなに気にすることはありません。

ゆっくり上から1行ずつ、意味を理解しながら覚えていってください。

1行目で、データベースに接続(connect)しています。
接続先はデータベースがあるホスト名です。今回は自分のパソコンに一式インストールしていますので
自分のローカルなパソコンがホスト名になる場際は、localhostがホスト名です。
ログインユーザーはrootユーザーですのでrootと記述します。
その上で
$con = mysql_connect('localhost', 'root', '')と記述しますと、localhostに対してrootユーザで
データベースに接続する接続情報を$conに代入(詰め込む)してくださいという意味になります。

データベースを利用する際は1度だけデータベースに接続要求をする必要があります。

データベースを使用しなくなる時にも1度だけデータベースを切断します。
8行目でmysql_close($con);と記述されている部分です。

このようにデータベースを使用するときは接続と切断は必ず必要になります。

2行目でtestデータベースを使用しています。
3行目でSQL文を記述した後実行しています。

5行目から7行目で、実際のデータが何件になるかわからないので、検索結果を繰り返し取得し表示しています。
while {
}
がある条件($row = mysql_fetch_array($result)を実行して検索結果が無くなるまで)になるまで繰り返し
実行されます。

mysql_fetch_array自体は検索結果データから1行づつ読み込みを行う命令です。


上記のindex.phpに修正して実行してみましょう(ブラウザでhttp://www.example.comにアクセスします)

1:PHP太郎
2:PHP花子

と表示されればOKです。