head image

PHPに限らず、どのプログラミング言語も先頭からプログラムが実行されます。より動的なプログラミングを行うには、すべてのプログラムコードを経由せずにif構文を使って、実行するプログラムコードを分岐させます。if を使った条件分岐は、とても簡単です。

たとえば「もし雨が降っていたら傘を持っていく、雨が降っていなかったら傘を持っていかない」のように「もし~だったら」と「条件に一致したときの処理」 を記述するだけです。
if構文は単体でも使用できますが、以下のようにelseif 、else を併せて利用できます。

また 、if 構文にはルールがあります。まず、if構文は必ず if (条件)から始めることです。また、 elseif 、else は省略可能で elseif は複数記述可能です。

さらに、条件1が FALSE の場合は条件2、条件2が FALSE の場合は条件3、どの条件式もFALSE の場合は else の処理が実行されます。また、ifブロック内でどれかの処理が行われた場合、処理後に ifブロックを抜けます。 他にも、else を記述しない場合はどの処理も実行されない場合があることや、 if構文の条件は、以下の比較演算子や論理演算子を用いて判定を行うことなどが挙げられます。

⑰条件分岐(switch構文)
if構文は、条件式が TRUE. FALSE の判定でしたが、switch 構文は式の値を条件とし、またそれを複数指定することができます。ちょうど if 文を並べた形式と同じです。switch 構文と if 構文は、ほとんどの場合でお互いの構文で代用することが可能です。スクリプトの可読性のよい方で記述しまし ょう 。

switch構文のルールは、switch構文はcaseと一緒に使用すること、switch 式の値が判定され、 case のf直に適合した処理が実行されること、break句に到達するとswitch ブロックを抜けることなどがあります。

また、 break句が無い場合は、次の case 句やdefault 句の処理へと突入します。 switch の式が case 句のとれにもあてはまらない場合は default句に遷移するようになっており、default句は省略可能です。